« 弥生三十一日の歌 | トップページ | 卯月二日の歌 »

2008年4月 1日

卯月一日の歌

すがりゐし枝を離るる花びらの散り飛ぶ先も知れぬ春嵐


夜が明ける前から、ものすごい風が吹いている。我が家の遅咲きの梅も、ついにこの風に吹かれてどんどん散り始めている。

散った花びらがとんでもないところまで飛ばされるので、下に花びらが積もるという風情もない。

ラジオでは 「花散らしの風」 と言っている。せっかく満開になった桜も、散り始めるかもしれない。

ただ 「花散らし」 という言葉の本来の意味は、花を散らす風ということではないようなのだ。それについては、"「花散らし」 の艶っぽい元々の意味" というタイトルで、Today's Crack に書いている。

「花散らし」 のキーワードでググると、私のこのページがトップに表示される。今日は 「花散らし」 というキーワードで私のブログに辿り着く人が、結構いるようだ。

|

« 弥生三十一日の歌 | トップページ | 卯月二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月一日の歌:

« 弥生三十一日の歌 | トップページ | 卯月二日の歌 »