« 卯月二十九日の歌 | トップページ | 皐月一日の歌 »

2008年4月30日

卯月三十日の歌

晩春の日陰に咲ける胡蝶花の妖しきまでの色に惑ひき


今日は今年初めて 「暑い!」 と思った。取手駅近くに借りている駐車場から駅まで歩く間に、かなり汗をかいた。

ところが、電車に乗ったとたんに、今度はすさまじい冷房の風に見舞われ、汗が乾く前に冷えてしまってぞくぞくした。若い女性たちが、こんなに暑いのにスプリングコートを着ているわけがわかった。あれは、電車の冷房対策でもあったのか。

駐車場の近くに、シャガの花が咲いている。漢字では 「著莪」 と書くらしいが、いずれ当て字かもしれない。別名を 「胡蝶花」 ともいう。

離れてみると、単に小さな白い花だが、近づいてみると、かなり妖艶なところのある花である。なるほど、「胡蝶花」 の別名にふさわしい。私はこの花がかなり気に入っている。

|

« 卯月二十九日の歌 | トップページ | 皐月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月三十日の歌:

« 卯月二十九日の歌 | トップページ | 皐月一日の歌 »