« 卯月二十日の歌 | トップページ | 卯月二十二日の歌 »

2008年4月21日

卯月二十一日の歌

心地良き張り残りたる脚で辿る京の桜と江戸の躑躅を


三日東京都内に来ないうちに、神田周辺の道路の植え込みのツツジが花盛りになっている。先々週あたりから咲き始めたのは知っていたが、今週は満開だ。

ツツジの開花時期は長いので、来月になってもまだずっと咲いているので、植え込みにはなかなかいい。それにツツジは千代田区の花だともいうし。

天気予報では一日曇り空だと言っていたが、その割には日が射している。こういうのを、気象用語では 「うすぐもり」 というらしい。決して 「晴れ」 ではないのだ。気分としては晴れなのだが。

一昨日に京都の街を歩きに歩いたせいで、今日になって少しふくらはぎに張りが出ている。筋肉痛というほどではないが、近頃年のせいで、二日後にこういうのが出てくる。

今夜ははゆっくり風呂に入って寝よう。

|

« 卯月二十日の歌 | トップページ | 卯月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月二十一日の歌:

« 卯月二十日の歌 | トップページ | 卯月二十二日の歌 »