« 卯月二十七日の歌 | トップページ | 卯月二十九日の歌 »

2008年4月28日

卯月二十八日の歌

自らの誰も渡らぬ影のみを道に刻みて歩道橋悲し


今日もまた、朝方は涼しかったものの、昼頃には初夏を思わせるような陽気になった。

所用で水戸方面に車で出かける。エアコンをつけるほどではないが、暖房を切って外気を入れてちょうどいいぐらいの、つまりとても気持ちのいい日だった。

国道六号線の信号待ちで停車していると、横断歩道橋の影が、アスファルトの上にくっきりと刻まれている。太陽の光が夏に近付きつつある。

それにしても、田舎道の歩道橋ほど悲しいものはない。誰も渡る人がない。本当に、誰も渡らないのである。多分、この歩道橋一本に一千万円以上かけて作ったのだろうに、これほど利用されない設備というものもない。

誰も渡らない歩道橋は、アスファルトに影を落とすしか役割がない。

|

« 卯月二十七日の歌 | トップページ | 卯月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月二十八日の歌:

« 卯月二十七日の歌 | トップページ | 卯月二十九日の歌 »