« 卯月十六日の歌 | トップページ | 卯月十八日の歌 »

2008年4月17日

卯月十七日の歌

降る雨を吸ひ弾きまた濡るるたびビルの隙にも春は這ひ入る


昼過ぎからついに雨が降ってきた。東京都心のビルの外壁も、雨に濡れて光っている。

この雨は明日まで続く雨だそうである。そして、明日は福井に出張なのである。

先月福井に行ったときも雨だった。晴れ男の私としては、実に驚愕ものの珍しさで、二ヶ月連続同じところに出張して、どちらも雨に降られるのである。どうしちゃったのかしらん。

まあ、明日は屋内ばかりの仕事なので、雨の影響は全然ない。問題は明後日に寄る京都だが、明後日はどうやら雨が止んでいそうなのだ。京都の天気予報は曇りとなっている。私の晴れ男ぶりは、こっちの方に働きそうな雲行きなのである。

|

« 卯月十六日の歌 | トップページ | 卯月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十七日の歌:

« 卯月十六日の歌 | トップページ | 卯月十八日の歌 »