« 卯月二日の歌 | トップページ | 卯月四日の歌 »

2008年4月 3日

卯月三日の歌

のどけきを忘るる春の曉に静かなるかな桜散らざり


昨日に続いて、桜の写真である。せっかく満開の時分なので、今のうちだ。

在原業平は 「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」 と詠んだが、業平の頃の桜は、今の主流のソメイヨシノではなく、ヤマザクラだった。

ヤマザクラは一斉に咲くというより、五月雨式に咲いていくのだそうで、そのため開花期間としてはソメイヨシノよりも開花期間が長く、当時の花見の時期も、今よりずっと長かったらしい。

それでも、業平は 「桜がなかったら、春の心はもっとのんびりしてるだろうに」 と詠んだのだから、平安の代と今とでは、スピード感がだいぶ違うようなのだ。

写真は取手競輪場の駐車場の桜。周囲がずらりと桜で囲まれている。今が満開。朝は花見客もいないので、静かに花を眺められるはずなのだが、こちらは時間に追われてさっと通り過ぎただけである。

今の世の中は、よほどのどかじゃないのである。

|

« 卯月二日の歌 | トップページ | 卯月四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月三日の歌:

« 卯月二日の歌 | トップページ | 卯月四日の歌 »