« 卯月十五日の歌 | トップページ | 卯月十七日の歌 »

2008年4月16日

卯月十六日の歌

葉の色の日を追う毎に深まりて鳥のねぐらはほぼ整ひぬ


今日もありがたいことに、昨日に続いて暖かい日である。天気は昨日ほどじゃなくて薄曇りだが。

で、明日は雨になって、春先の気温に逆戻りなのだそうだ。ああ、春の天気は本当に気まぐれである。この気まぐれさが春なのだが。

「男心 (女心ともいう) と秋の空」 というが、春の空もかなりのものなのである。

取手駅西口ロータリーの木立が、いつの間にか緑が濃くなってしまっている。本当にちょっと見ない間に様変わりする。夏になれば、あのヒヨドリの大群がやってきてこの木立をねぐらにする。

明後日は、先月に続いて福井に出張。今回は同じ福井県でも、あのオバマ氏の勝手連で名を馳せている小浜市になるかと思ったが、先方が用事があって福井市に来るので、やっぱり福井市で会うことになった。

明後日の福井方面の天気予報は雨である。この晴れ男の私が、先月も福井で雨に降られた。福井は雨に縁が深いようだ。まあ、当日は屋内のみの仕事になるから、雨でもかまわない。そして、翌日の京都は曇りとなっている。こっちの方はありがたい。

|

« 卯月十五日の歌 | トップページ | 卯月十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十六日の歌:

« 卯月十五日の歌 | トップページ | 卯月十七日の歌 »