« 卯月二十六日の歌 | トップページ | 卯月二十八日の歌 »

2008年4月27日

卯月二十七日の歌

写真には写し尽くせぬ紋白の羽根の影こそ歌に映さめ


朝のうちから昼前までははっきりしない天気だったが、昼頃からどんどん晴れてきて、暖かい春の陽気になった。

昼まで仕事で某所に訪問していたが、昼過ぎは解放され、ちょっと土手を散歩してから、たまった原稿を書こうとパソコンに向かうと、気付いてみたら眠りこけていた。

このところ寝不足が続いていたので、思い切ってベッドに横になったら、三時間近く眠ってしまった。おかげで少し体が蘇った。

原稿をこなさなければならないのは変わらないが、少しははかどりそうだ。

写真は、昼過ぎの散歩で撮ったモンシロチョウ。新しいデジカメは七・一倍ズームなので、小さな蝶でもかなり大きくねらえるが、明度の高い被写体がベッタリ写ってしまうような気がする。もう少しエッジの立った画像が欲しい。

しかしこんなことを考え始めると、値段の高い一眼レフの世界に引きずり込まれそうだから、気を付けよう。私はここではへぼなネット歌人であって、フォトグラファーじゃないということにしておきたい。

|

« 卯月二十六日の歌 | トップページ | 卯月二十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月二十七日の歌:

« 卯月二十六日の歌 | トップページ | 卯月二十八日の歌 »