« 卯月五日の歌 | トップページ | 卯月七日の歌 »

2008年4月 6日

卯月六日の歌

春の野に小さくも咲く花の名を知らで歌詠む我ぞ悲しき


今日は暖かい陽気だったが、家からほとんど出ずにこもりきりで仕事だった。それもあんまりだから、午後にちょっとだけ外に出て、裏の土手の草を撮ったのがこの写真である。

ついこないだまでは枯れ草色だった土手が、すっかり若草色になっている。春というのは今か今かと待っているうちはなかなか来ないが、一度近付いてしまうと、あとは駆け足で駆け抜ける。

いわゆるぺんぺん草、風流にいえばナズナの間に、明るい紫色の小さな花が咲いている。例によって、名前がわからない。いつも春先になると土手一面に咲くのだが、名前がわからないというのはちょっと淋しい。一応、小さなスミレの仲間と思っておこう。

|

« 卯月五日の歌 | トップページ | 卯月七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月六日の歌:

« 卯月五日の歌 | トップページ | 卯月七日の歌 »