« 皐月二十日の歌 | トップページ | 皐月二十二日の歌 »

2008年5月21日

皐月二十一日の歌

照りつける日差しの中の何物を拾ひ舗道はかくも白きか


0805211

昨日とはうってかわった夏空である。東京は最高気温が二十五度の夏日になると予想されている。

朝、街を歩いて赤信号で止まると、舗道の日向はほとんど真夏の暑さだ。じりじりと照りつけられて、気温はどんどん上がっている。

ここまで来れば、連休直後のようなストーブの欲しくなる寒さに戻ることもなかろう。安心して冬服をクリーニングに出せる。

そしてあとは、梅雨の湿り気と、うだるような盛夏の暑さが来るのを待つだけだ。今日はその暑さの先触れである。

 

 

|

« 皐月二十日の歌 | トップページ | 皐月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月二十一日の歌:

« 皐月二十日の歌 | トップページ | 皐月二十二日の歌 »