« 皐月二十七日の歌 | トップページ | 皐月二十九日の歌 »

2008年5月28日

皐月二十八日の歌

駅前の景色のみ見て帰路に着く名古屋の奥ぞ計り知れなき


また名古屋への日帰り出張。あたふたと、とんぼ返りである。名古屋の街は、薄曇りで風が強かった。だが屋外に出たのはほんの数分なので、あまり印象がない。

本当に、名古屋には数え切れないほど来ているが、いつも新幹線ホームと駅前のホテルを往復するばかりで、それ以外のところに行ったことがない。

いや、十五年前ぐらいに、どこか名古屋の中心街で夕食を取ったことがあるが、そこにはタクシーで連れて行かれ、近くで酒を飲んで、その後はそのままタクシーでホテルに帰ったので、どこに連れて行かれたのだか、全然覚えがない。

だから、名古屋の街は全然知らない。こんな街も本当に珍しい。今日も、名古屋駅前の例のとんがりオブジェを眺めただけで、あとはずっと駅前のホテルで会議をし、それが終わると、そのまま新幹線に乗ってしまった。

一度、のんびりと名古屋の街を歩いてみたい気もするが、そんな時間があったら、おそらく京都に脚を伸ばしてしまうだろう。名古屋の街はもしかしたら、一生まともに見る機会がないかもしれない。

|

« 皐月二十七日の歌 | トップページ | 皐月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月二十八日の歌:

« 皐月二十七日の歌 | トップページ | 皐月二十九日の歌 »