« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »

2008年5月17日

皐月十七日の歌

とりたてて良きこともなき日なれども懐かしき歌口ずさみをり


0805171

これぞ初夏と言いたくなるような、いい気持ちの陽気が続いている。今日も夜には雨になるかもしれないと言われていたが、筑波周辺はそんなこともないようだ。

週末に天気がいいのは、何週間ぶりだろうかと思って、自分の和歌日記を調べたら、五月三日には晴れていたようだ。人間の記憶というのは、あまり当てにならない。

今日のような気持ちのいい空を見上げていると、とりたてていいことがあったわけでもないのに、自然にうれしくなって、表情が柔らかくなっている。車を運転していて、カーラジオから懐かしい歌が流れると、一緒になって口ずさんでいる。

私も結構単純な男である。

|

« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十七日の歌:

« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »