« 皐月一日の歌 | トップページ | 皐月三日の歌 »

2008年5月 2日

皐月二日の歌

天気図の谷より湧くか黒雲の皐月の山を越ゆる能はず


このところ、東西にずっと長く続く帯状高気圧のおかげで、四月二十九日から一週間以上続くゴールデンウィークの間は、一度も雨が降らずに済むかもしれないなんて思っていたが、やっぱりそんなわけにもいかないようだ。

高気圧が帯状に続くと言っても、べったりと高気圧状態なわけではなく、その中にコブのように高いところがいくつかあって、そのコブとコブとの間が気圧の谷になる。その谷が、一丁前の低気圧になってしまったようで、やっぱり降るときは降るのだ。

明日は関東が雨模様。一周忌で酒田に帰るときは、向こうはなんとかもちそうだ。そのあたりは、晴れ男の力を発揮したいものである。といっても、自分の力ってわけじゃないのだが。

写真は、上野駅から鶯谷方向を望んだところ。

|

« 皐月一日の歌 | トップページ | 皐月三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月二日の歌:

« 皐月一日の歌 | トップページ | 皐月三日の歌 »