« 卯月三十日の歌 | トップページ | 皐月二日の歌 »

2008年5月 1日

皐月一日の歌

徒に空と雲のみ映るゐし田に今朝並ぶ早苗うつくし


今日から五月。五月の晴天というと、すぐに 「五月晴れ」 と言い出す人が多いが、何度も書いているように、本来の五月晴れは旧暦の話だから、もう少し先の梅雨時の話になる。

本当は梅雨の晴れ間のことを 「五月晴れ」 というのだが、今ではすっかり新暦の五月の晴天のことをいうようになってしまった。

で、まあ、今日は近頃で言われるところの 「五月晴れ」 である。ああ、しっくりこないなあ。

外を歩けば汗ばむぐらいなので、カテゴリーは 「夏の歌」 としておきたいぐらいのものだが、立夏は連休最後の五月六日なので、まだ 「春の歌」 としておこう。

近所では田植えが始まっていて、水の張られた田んぼに、だんだんと小さな苗が目立ち始めた。来月になれば隙間がなくなって、空が映らなくなる。

|

« 卯月三十日の歌 | トップページ | 皐月二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月一日の歌:

« 卯月三十日の歌 | トップページ | 皐月二日の歌 »