« 皐月十七日の歌 | トップページ | 皐月十九日の歌 »

2008年5月18日

皐月十八日の歌

鳥たちはただ嬉しさに鳴きゐるか鳴き鳴きて空の深きに入るか


土日の二日間が連続して上天気というのは、これは掛け値なしにかなり久しぶりである。天気もいいし、風もさわやかだし、小鳥たちの声も賑やかだし、なかなかいい週末だ。

土日とはいえ、仕事が立て込んでいて、今日も午後から仕事で外出である。そして、午前中に裏の土手際の草刈りをした。

来週の日曜日が町内会の一斉草刈りだが、私は都合で出られない。それで、ノルマ分ぐらいは一週間前に刈り取っておいたのである。なんて律儀が私。

町内会の電動草刈り機を借りようかとも思ったが、思い直して、敢えて釜をふるって人力でかなりひろい範囲の草を刈った。なまじ天気がいいので大量の汗をかいて、頭がクラクラするほどだった。

このエネルギー消費で、体重が二~三キロぐらい減ってくれたらうれしい。体重が減るなら、翌日か翌々日の筋肉痛ぐらいはいくらでも我慢する。

|

« 皐月十七日の歌 | トップページ | 皐月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十八日の歌:

« 皐月十七日の歌 | トップページ | 皐月十九日の歌 »