« 水無月二十七日の歌 | トップページ | 水無月二十九日の歌 »

2008年6月28日

水無月二十八日の歌

この年の初めての花咲きにけり薔薇と我との命結びて


0806281

昨年の夏を過ぎてから元気のなかった我が家の裏のバラだが、枝を刈り込んでしばらく養生してもらった甲斐があり、ようやく今年初めての花をつけた。

「お帰りなさい」 という感じである。で、せっかくだから写真を撮ってみたのだが、これほどノッペリとしていないバラの写真が撮れたのは、初めてのような気がする。

考えてみれば、デジカメを買い換えて最初のバラの写真だ。さすがに、前の機種よりスペックがいいだけのことはある。

買い換えたばかりの頃は、なんだかそれまでの機種との色合いの出方のクセみたいなものとの違いに戸惑っていたが、ようやく最近になって慣れてきた。やっと今のカメラと仲良くなれたようだ。

それと同時に、バラの命との新しい 「結び」 ができたような気がする。

|

« 水無月二十七日の歌 | トップページ | 水無月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月二十八日の歌:

« 水無月二十七日の歌 | トップページ | 水無月二十九日の歌 »