« 水無月十二日の歌 | トップページ | 水無月十四日の歌 »

2008年6月13日

水無月十三日の歌

風吹きて空澄み渡りそして凪ぎその空映す水静かなり


昨夜遅く、空が晴れ渡って月夜になり、そのまま今朝もいい天気。これぞまことの五月晴れである。

朝、取手駅に行く途中、小貝川の岡堰を通り過ぎると、一杯に広がった水面には波もなく、澄み切った空が静かに映っている。

このままいい天気が続いて、今、帰りの電車の中で、和歌日記の更新中だ。

和歌は朝の段階で、上の句がほとんどできあがっていた。下の句の 「水静かなり」 もほとんど決まっていたから、もうこれで決まりである。

|

« 水無月十二日の歌 | トップページ | 水無月十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十三日の歌:

« 水無月十二日の歌 | トップページ | 水無月十四日の歌 »