« 水無月十八日の歌 | トップページ | 水無月二十日の歌 »

2008年6月19日

水無月十九日の歌

今日までが梅雨の中休みと聞けば小麦粉はさぞ水を吸ふらむ


0806191

昨日は倉庫の二階の 「オールナイトチョメチョメ」  (詳しくは、Today's Crack の今日付を参照) に行って遅くなってしまったので、今日は日の沈まないうちに取手に帰ってきた。

曇り時々雨という予報の割には、全然雨が降らなくて、夕暮れ時になってもうっすらと青空が見えたりする。取手駅西口周辺は、相変わらずムクドリの大群が大騒ぎしている。

早く帰宅したものの、今日は恒例のパン作りの仕事が待っている。四キロ近くの小麦粉をこねてパン生地を作るのだ。我が家のパンは正真正銘の天然酵母で全粒粉を発酵させるので、なかなか素朴でおいしい。

それに、私もこれで三十年近くもパン生地を作っているので、なかなか年季が入っているのである。

|

« 水無月十八日の歌 | トップページ | 水無月二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十九日の歌:

« 水無月十八日の歌 | トップページ | 水無月二十日の歌 »