« 水無月二十九日の歌 | トップページ | 文月一日の歌 »

2008年6月30日

水無月三十日の歌

半分を終はらむとするこの年の今日の日暮れは長々きなり


0806301

気付いてみれば、今日で六月が終わりで、ということは、今日で今年の半分が終わりということだ。まったく月日の過ぎ去るのは早いものである。

時間の経つのが早いとはいえ、それなりにいろいろなことをこなしているなあという実感もある。まったく無為徒食というわけでもないような気がするのは、結構ありがたいことである。

まあ、そんなわけで、月末締めの原稿を夜遅くまで書いたりしているうちに、今月末はさすがに疲れた。考えてみると、またもやずっと休みが取れていない。まあ、二十二日の日曜日は観光旅行だったとはいえ、一日中運転していたし。

今週はあまりじたばたせずに、ゆったりと暮らして疲れを取るように心がけよう。

今日は小雨模様で明けて、夕方に向かうにつれて空が晴れてきた。こんな日はものすごく日が長いような錯覚にとらわれる。

 

|

« 水無月二十九日の歌 | トップページ | 文月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月三十日の歌:

« 水無月二十九日の歌 | トップページ | 文月一日の歌 »