« 水無月十七日の歌 | トップページ | 水無月十九日の歌 »

2008年6月18日

水無月十八日の歌

白雲の流るる果てに我もまた流れ行かなむ五月雨の頃


今日までが梅雨の中休みなのだそうだ。週間天気予報をみると、明日からはずっと 「曇り時々雨」 の予報が続いている。降水確率も、五十~七十パーセントと高い。

日曜日から信州に発つのだが、お天気はあまり期待できないようだ。そうなると、あまり高いところの観光道路 (ビーナスラインとか) よりも、平地を見て回る方がいいかもしれない。

いずれにしても、車で出かけるのでどうにでもなる。あまり天気がよすぎるよりも、渋滞がなくていいかもしれない。

五月晴れ (本来の 「五月晴れ」 は、五月雨すなわち梅雨の合間の晴れ) の日を浴びて、白い外壁のビルが輝いている。しばらくはこんないい天気は期待できないだろうから、せいぜい日を浴びておきたいところだが、そんな日に限って、一日中デスクワークである。

|

« 水無月十七日の歌 | トップページ | 水無月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十八日の歌:

« 水無月十七日の歌 | トップページ | 水無月十九日の歌 »