« 水無月十一日の歌 | トップページ | 水無月十三日の歌 »

2008年6月12日

水無月十二日の歌

取手まで戻り来たれる常磐線また折り返す虚ろになりて


夜中から結構な雨。朝から昼まではほとんど気温が上がらず、梅雨寒。夕方近くになってから少し晴れ間が見えて、ちょっとだけ暖かくなった。

今日はずっと仕事上でデータベース・プログラム作りに没頭していた。

マイクロソフト・オフィスの 「アクセス」 というデータベース・ソフトは、ほとんど五年ぶりぐらいにさわるので、操作法をかなり忘れている。思い出し思い出し、行ったり来たりしながら、それでもだんだんめざす方向に近づいてきている。

エクセルとかアクセスといった、いかにもコンピュータ・プログラムらしいソフトを使うのは、ある意味気持ちがいい。うまくやれば、こちらの思い通りの動きをきっちりと制御できるからである。

写真は常磐線取手駅のホームを写したもの。日が暮れてからの方が、朝方より暖かい。

|

« 水無月十一日の歌 | トップページ | 水無月十三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十二日の歌:

« 水無月十一日の歌 | トップページ | 水無月十三日の歌 »