« 水無月二十二日の歌 | トップページ | 水無月二十四日の歌 »

2008年6月23日

水無月二十三日の歌

下界より望めば雲の中ならむ雨の社に一人詣でぬ


いくら晴れ男の私でも、長野県内全域の大雨警報だの、洪水警報だのには敵わない。戸隠神社は大雨の中の参拝だった。

上の写真が戸隠神社の中社である。これだけサイズを縮小しても、目をこらすと雨の降っているのがわかりそうだ。

社殿の上の白っぽく見えるのは、あれは雲である。ここは、下界から見たら雨雲の中なのだ。

奥社まで歩こうと思って、傘を差してとぼとぼ歩き始めたら、本降りが豪雨に変わって、山の中の参道が濁流と化してしまったので、遭難するよりましだと思って諦めた。

途中で、米国人のヒッチハイカー、アレックス君を拾って長野まで乗せてあげる間に、戸隠そばをごちそうする。ヨガと禅が好きというだけあって、初めて食べたそばも気に入ったようだ。

下の写真は諏訪大社上社本宮。拝殿に向かって横っちょから入るという、珍しい造りの神社である。この件に関しては、「今日の一撃」 で解説しておいた (参照) ので、興味のある方はどうぞ。

諏訪大社の下社、春宮、秋宮を廻る頃には、だんだんと雨も上がってきて、明日の仕事は 「曇り時々晴れ」 の中でできそうである。

仕事になってしまうと、私の晴れ男ぶりは効き目がある。私は案外真面目なのかも知れない。

|

« 水無月二十二日の歌 | トップページ | 水無月二十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月二十三日の歌:

» 2008年5月4日 長野二日目 7 戸隠神社宝光社 [人生色々]
★旅の軌跡★  1.松本城 → 2.式内布制神社 → 3.布施神社 → 4.春日丘神社 → 5.古宮神社 → 6.戸隠神社 → 7.松代城跡 → 8.姥捨てパーキングエリア → 9.夕食 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  ついに戸隠に到着した。割と客は多い。ゴールデンウィークということもあり、長野市の善光寺とともにみな、観光に来ているのであろう。 オーラの泉の胡散臭い江原という人間の発言も大いに関係しているはずだ。... [続きを読む]

受信: 2008年6月27日 16時31分

« 水無月二十二日の歌 | トップページ | 水無月二十四日の歌 »