« 文月五日の歌 | トップページ | 文月七日の歌 »

2008年7月 6日

文月六日の歌

咲く花と飛び来る蜂はそれぞれの外付け記憶装置なるらむ


0807061

暑い。梅雨時の暑さなんてしれたものと思っていたが、一足飛びに真夏になってしまった。

体が暑さに慣れるには、二週間ぐらい必要なんだそうだ。今年はなんとなく過ごしやすい梅雨らしい梅雨だったが、急に真夏日になってしまったので、体が驚いてしまっている。

今日は朝からどんよりと曇りがちで、昨日ほどには暑くならないようだが、それでも、茨城県南部は三十度の真夏日になると予想されている。

我が家の玄関先のマジョラムが、一斉に花を開かせている。オレガノと同じ仲間のハーブで、古代から薬草として用いられたのだそうだが、我が家ではもっぱら観賞用だ。

そのマジョラムの花の蜜をハチが一斉にすすりに来ている。だから、我が家の玄関先は今、ハチのブンブンいう羽音で一杯だ。ちょっと危なそうに聞こえるかもしれないが、こちらが余計なことをしなければ、ハチだって無闇に人間を刺したりしない。

互いに信頼関係 (?) さえあれば、こんなに接近して写真を撮っても、全然平気である。

こうして写真を見ていると、マジョラムとミツバチは、互いに不可欠というか、実は一体として機能しているようにさえ思われる。別々に見えるのは、単に外付け記憶装置なんじゃあるまいか。

|

« 文月五日の歌 | トップページ | 文月七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月六日の歌:

« 文月五日の歌 | トップページ | 文月七日の歌 »