« 葉月九日の歌 | トップページ | 葉月十一日の歌 »

2008年8月11日

葉月十日の歌

みちのくを吹き渡る風かきわけて往き戻りたり百四十里


昨日は早朝四時に起きて家族全員五時に出発。四時間十五分運転して仙台に着き、妻の母の十七回忌に出席した。

そして仕事の都合で、日帰り。つくばの地にたどり着いたのは十時前だったが、そのままばったりと気絶の如き眠りに陥り、十日の和歌日記の更新は日付がかわってからになってしまった。

仙台はほどよく曇りがちで、最高気温が二十五度と、真夏の法事にはありがたい陽気だった。涼しい風も吹いていたし。

今朝のつくばの地も、曇りがちでそれほど暑くない。日本の季節が変わり始めたのかなと思い、天気概況をみると、関西では今日も猛暑が続くという。ああ、夏の西日本は大変だ。

写真は、東北道の国見パーキングから福島盆地を見渡したところ。

|

« 葉月九日の歌 | トップページ | 葉月十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月十日の歌:

« 葉月九日の歌 | トップページ | 葉月十一日の歌 »