« 葉月二十四日の歌 | トップページ | 葉月二十六日の歌 »

2008年8月25日

葉月二十五日の歌

轟々と電車の行きしガード下は様々の音満つる静けさ


涼しいといえば涼しいが、街を歩いているとじっとりと汗がにじむ。要するに、湿っぽいのだ。

雨も降ったり止んだり。降ったと思うとすぐに止むのだが、なかなか落ち着かない。はっきりしない天気である。

とはいえ、先週のような大雨で帰りの電車の運行がずたずたに乱れるというようなことはないようだ。ただ単に 「はっきりしない天気」 というだけのことだ。

神田駅の周辺も、今日はのんびりしている。明日と明後日は有明で展示会だ。

|

« 葉月二十四日の歌 | トップページ | 葉月二十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十五日の歌:

« 葉月二十四日の歌 | トップページ | 葉月二十六日の歌 »