« 葉月二十六日の歌 | トップページ | 葉月二十八日の歌 »

2008年8月27日

葉月二十七日の歌

見上ぐれば刷毛で掃きたる如き雲 掃きたる向きは様々なれど


今朝、出がけに北東の空をみると、刷毛ではいたような筋雲が見えた。秋の雲である。

反対側の空をみると、前夜までの雨雲が空を覆っていて、まったく別の印象だったのだが、とりあえず、秋を感じさせる空があらわれたということは貴重である。

天気予報では、茨城南部の今日の天気は曇りのち雨、明日は一日雨ということなのだが、それよりは少しいい方に振れているようだ。

展示会は今日で終わり。この写真は朝に撮っておいたのだが、更新の時間がなく、夜更けになってしまった。、

|

« 葉月二十六日の歌 | トップページ | 葉月二十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十七日の歌:

« 葉月二十六日の歌 | トップページ | 葉月二十八日の歌 »