« 葉月十四日の歌 | トップページ | 葉月十六日の歌 »

2008年8月15日

葉月十五日の歌

早朝の庄内の蝉おづおづと鳴き始めたり休止符多く


昨夜は酒田の割烹で、高校時代の同窓会に出席。二次会を過ぎて、日付の変わる頃に帰宅し、風呂に入ってそのまま眠ってしまった。

ところがその間に、南庄内では記録的な豪雨に襲われて大変なことになっていたのである。

庄内町では半日に 400ミリという豪雨で、あちこちで床下浸水になっている。昨夜の同窓会に参加した南庄内在住の同窓生は、夜中に帰宅してさぞかし焦ったことだろう。

酒田はあっけらかんと雨があがり、小鳥と蝉の声でさわやかに目覚めた。庄内の朝蝉は、おずおずと鳴き始める。殊勝なもので、あまり人騒がせにならないよう、初めは休止符ばかり多い。

写真は豪雨で増水した最上川。茶色の濁流と化していた。

|

« 葉月十四日の歌 | トップページ | 葉月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月十五日の歌:

« 葉月十四日の歌 | トップページ | 葉月十六日の歌 »