« 葉月三十日の歌 | トップページ | 長月一日の歌 »

2008年8月31日

葉月三十一日の歌

黒雲の北の空にて途切れたるあの境目に秋は今ゐる 


まったくもう、先週末からずっとおかしな天気がつづいている。茨城の県南地域はずっと洪水警報が出っぱなしで、あちこち道路冠水で通行止めになっている。

我が家の廻りも、以前ならば確実に道路冠水していたところだが、近頃治水対策が進んで、裏の川の幅が倍になったこともあり、今回は何の被害も出ていない。ありがたいことである。

どうやら、今日あたりが天気の変わり目で、明日からはそれほどの大雨や雷の心配はなくなるらしい。そのかわり、最高気温も三十度になると予想されている。残暑のぶり返しだ。さぞかし蒸し暑いだろう。

今日、夕方に北の方向に見えた空である。黒雲が切れかかっている。あの辺りに秋はあるのだろう。

|

« 葉月三十日の歌 | トップページ | 長月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月三十一日の歌:

« 葉月三十日の歌 | トップページ | 長月一日の歌 »