« 長月十二日の歌 | トップページ | 長月十四日の歌 »

2008年9月13日

長月十三日の歌

その昔海豚の身にてありし頃白馬越えて我は泳ぎぬ


仕事で富山県黒部市に来ている。さすが三連休の初日、越後湯沢から乗り換える特急はくたかの指定券が取れず、満員の自由席で立ちっぱなしようやく着いた。今日の泊まりは魚津市。

空は晴れてはいるが、北アルプス方面は雲に隠れて見えない。しかし、五時をすぎた頃、ようやく少しずつ遠くが望めるようになった。うっすらと見えるのが白馬岳らしい。

平地から望んでも山の向こうにまた山が見えるというのは、やはりすごい。

明日は帰るだけだから、少し魚津周辺を歩いてからにしてみよう。もう一泊してみようかとも思っていたが、三連休の最終日は指定券が取れなかったので、明日の午後には帰ろうと思う。

|

« 長月十二日の歌 | トップページ | 長月十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月十三日の歌:

« 長月十二日の歌 | トップページ | 長月十四日の歌 »