« 長月二十六日の歌 | トップページ | 長月二十八日の歌 »

2008年9月28日

長月二十七日の歌

海山を貫く日射し千早振るかむながらなる道こそ照らせ


前日まではやや湿り気のある暑い陽気だったが、急に湿度が下がり、さわやかな秋の日となった。

さしもの九州も、すっかり秋である。

大村湾を見おろす山並みからは、神々しいまでの日の光が見渡せた。

|

« 長月二十六日の歌 | トップページ | 長月二十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十七日の歌:

« 長月二十六日の歌 | トップページ | 長月二十八日の歌 »