« 長月二十三日の歌 | トップページ | 長月二十五日の歌 »

2008年9月24日

長月二十四日の歌

地上より望めぬ富士を今日の日は雲の上より望まんとぞ思ふ


朝からからりとした晴天。日本の自然の良さは湿っぽいところにあるとは思うのだが、やはりこうしたからりとした日は気持ちがいい。

朝の取手駅のペデストリアンデッキから、都心方面にきれいな秋らしい青空が望まれる。

これから九州方面に飛ぶ。快適なフライトになりそうだ。地上からはさすがに見えないが、空からは富士山も望めるだろうと思う。

【業務連絡】

25日から 28日まで、インターネット接続困難なところに滞在します。更新ができない場合は、帰ってからまとめて更新しますのでよろしく。

|

« 長月二十三日の歌 | トップページ | 長月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十四日の歌:

« 長月二十三日の歌 | トップページ | 長月二十五日の歌 »