« 長月二十九日の歌 | トップページ | 神無月一日の歌 »

2008年9月30日

長月三十日の歌

この年の残りは僅かふた月とふと間違ふる長月三十日


301_5

急に冷え込んでしまって、まるで晩秋のような雲行きだが、習慣天気予報だと、週末にもう一度暑くなるのだそうだ。

何が身体にこたえるかといって、一度涼しくなってまた暑くなるというのが、一番こたえる。

何となく喉が痛くて、風邪を引きかけたような気がしていたのだが、いつの間にか治ってしまった。夏にもそう言うことが一度あったような気がする。というわけで、この何年も寝込んだことがない。

今日のところはまだ肌寒いが、半袖シャツの出番をしっかり確保しておこう。

|

« 長月二十九日の歌 | トップページ | 神無月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月三十日の歌:

« 長月二十九日の歌 | トップページ | 神無月一日の歌 »