« 長月八日の歌 | トップページ | 長月十日の歌 »

2008年9月 9日

長月九日の歌

この空は海にて我は海豚なり水面 (みなも) おぼろに宇宙を望む


以下にも重陽の節句らしい、残暑はあってもからりとした一日になった。ようやく大雨と雷の日々からは別れを告げられそうだ。

神田の昭和通りから空を見上げても、雲一つ見えない。高速道路の下の影が濃いコントラストになる。

重陽の節句は 「菊の節句」 とも呼ばれるが、我が家の廻りでは、まだ菊の花は目立たない。それどころか、昨日のログにあるように、紫陽花が狂い咲きしたりしている。

なんだかよくわからない重陽の節句だが、気持ちのいい一日になったことはありがたい。

近頃、天気が極端から極端に振れがちなので、この天気はしばらく続いてくれそうだ。富山に出張となる土曜、日曜も、曇りときどき晴れぐらいに落ち着きそうである。

|

« 長月八日の歌 | トップページ | 長月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月九日の歌:

« 長月八日の歌 | トップページ | 長月十日の歌 »