« 葉月三十一日の歌 | トップページ | 長月二日の歌 »

2008年9月 1日

長月一日の歌

坂東につくつく法師鳴く声の聞こえぬうちに夏は行くなり


今日から九月になってしまった。学校の夏休みも終わり、二学期である。もっとも、私の生まれた庄内は、夏休みは八月二十三日ぐらいまでだった。

子供の頃は、「東京の子たちは八月末まで休めるらしいのに、どうしてこっちは夏休みが短いんだろう」 と思っていた。その分、冬休みが長いとは知らなかった。

もっとも、関東でも夏休み短縮の動きが出ているらしい。例の 「ゆとり」 教育の弊害で、「羮に懲りて膾を吹く」 的な発想だ。

ゆとり教育が悪かったわけではなく、ゆとり教育に適した教え方のノウハウがない教育界が悪かったのだと、私は思っているのだが。

ところで、今年のつくば周辺は、まだツクツクホウシの鳴き声が聞こえない。一体どうなっているのか、私は気にかかっている。

|

« 葉月三十一日の歌 | トップページ | 長月二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月一日の歌:

« 葉月三十一日の歌 | トップページ | 長月二日の歌 »