« 神無月十二日の歌 | トップページ | 神無月十四日の歌 »

2008年10月13日

神無月十三日の歌

肉眼を欺くまでに到らざる光遊びに写真は嵌る


祝日でも仕事は仕事。水戸方面からの帰り道、日が暮れてから食事をした。

駐車場で、今日はまだ一枚を写真を撮っていないことに気付き、デジカメを夜間モードにして撮影。露出時間が長くなるので、車の屋根を三脚替わりにして固定してシャッターを押す。

帰宅して、PC で拡大して眺めて、「今日は一日上天気で、雨なんか降っていなかったよなあ」 と驚いた。

よく見ると、街の灯りが雨に濡れた路面、いや、それどころか静かな湖面にでも映り込んでいるように見えるのは、車の屋根に映っているのだとわかった。

肉眼で見ただけでは気付かない光のいたずらを、カメラは捉えることができる。いや、肉眼ではだまされない光のいたずらに、カメラは容易にひっかかってしまうというべきか。

|

« 神無月十二日の歌 | トップページ | 神無月十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十三日の歌:

« 神無月十二日の歌 | トップページ | 神無月十四日の歌 »