« 神無月十日の歌 | トップページ | 神無月十二日の歌 »

2008年10月11日

神無月十一日の歌

変わりやすき天気は秋の常なりといまだ緑の木立を見上ぐ


雨が降るとの予報が、降らずに済むに変わり、それでも、やっぱり昼までは雨に再び変わり、ようやく昼過ぎに天気になった。

これだから、秋の天気は気象予報士泣かせである。

それでも、天気が変わりやすいというのは、秋らしい秋といえるのかもしれない。街の木立の葉の色はまだ緑のままだが、北の方から紅葉が見られるようになる。

やっぱり秋である。

|

« 神無月十日の歌 | トップページ | 神無月十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十一日の歌:

« 神無月十日の歌 | トップページ | 神無月十二日の歌 »