« 神無月二十三日の歌 | トップページ | 神無月二十五日の歌 »

2008年10月24日

神無月二十四日の歌

秋雨に濡れて降り来る街の灯はさほど冷たきものにもあらず


朝からの大雨で、神田で昼飯を食いに外に出たときは、まるで夕暮れのような暗さだった。

帰りの電車はどうなるかと思っていたが、夕方頃から小降りになった。常磐線の快速電車は、ダイヤ通りの運転のようである。

この雨は、南からの湿った空気のせいということで、かなり暖かい。夕べは毛布を一枚取って寝たのだが、それでも寝苦しかった。今の時期、寝具の調整が結構大変だ。

明日からは、またずいぶん長い間いい天気が続きそうだ。行楽日和ということになるのだろうが、私は土曜も日曜もなく、仕事に追いまくられることになる。やれやれ。

|

« 神無月二十三日の歌 | トップページ | 神無月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十四日の歌:

« 神無月二十三日の歌 | トップページ | 神無月二十五日の歌 »