« 神無月十四日の歌 | トップページ | 神無月十六日の歌 »

2008年10月15日

神無月十五日の歌

雲晴れて秋の光の射し来れば明日の越後も晴れ渡るらむ


西日本は一日晴れ、東日本も昼から晴れという予報。出がけは空が暗かったが、駅に近づくに連れて、雲が薄れて日が差し始めた。

今日は夕方に仕事を終えてから、夜の新幹線で新潟に行く。明日は夕方まで新潟で仕事だ。

新潟の天気予報をみると、明日は一日中晴れ。私が出張する先は大抵天気に恵まれる。ありがたいことである。

今日は夜遅くなって新潟駅前のホテルに泊まり、明日は夕方には帰ってこなければならない。だから、新潟の街の見物はほとんどできないが、まあ、新潟って、あまり見るべきところもないから、いいか。

|

« 神無月十四日の歌 | トップページ | 神無月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十五日の歌:

« 神無月十四日の歌 | トップページ | 神無月十六日の歌 »