« 神無月十九日の歌 | トップページ | 神無月二十一日の歌 »

2008年10月20日

神無月二十日の歌

秋の日は早落ちにけり郊外の駅は水銀灯に染まりぬ


昨夜、デジカメのバッテリーを取り出してチャージャーにセットし、今朝、そのままバッテリーの入っていないデジカメを持って外出してしまった。

しかたがないので、夜の七時過ぎ、取手駅に戻ってからケータイで写してみたのだが、やっぱりまともな写真になっていない。

弘法筆を選ばずというが、慣れないケータイ・カメラでは、全然まともな写真にならない。

昨日の町内一斉草刈りのせいで、筋肉痛である。腰の廻りが痛い。それでも、筋肉を使った翌日に痛みが出るというのは若い証拠と、またもや負け惜しみである。

|

« 神無月十九日の歌 | トップページ | 神無月二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十日の歌:

« 神無月十九日の歌 | トップページ | 神無月二十一日の歌 »