« 神無月二十七日の歌 | トップページ | 神無月二十九日の歌 »

2008年10月28日

神無月二十八日の歌

絶叫の輪を空中に描きてぞ安らかならむ今宵の夢は


JR 総武線の水道橋駅を降りて春日方向に向かうと、いつと轟音とともにけたたましい悲鳴が聞こえてくる。後楽園遊園地の絶叫マシンに乗る子たちの悲鳴だ。

昨夜は急に雹が降ってきたりして驚いてしまったが、今日は朝から安定したいい天気である。青空の中に、絶叫マシンのレールや観覧車がそびえている。

今日の青空は、秋空というより冬晴れの空の色に近い。日暮れもずいぶん早くなってしまった。絶叫しまくった子たちは、今夜はぐっすり眠れるだろう。

|

« 神無月二十七日の歌 | トップページ | 神無月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十八日の歌:

« 神無月二十七日の歌 | トップページ | 神無月二十九日の歌 »