« 霜月十八日の歌 | トップページ | 霜月二十日の歌 »

2008年11月19日

霜月十九日の歌

頂の僅かに白き富士の嶺の筑波の目には真白なりしが


Wakalog_081119 今日は名古屋に日帰り出張。明日からは九州に二泊三日の出張。旅ガラスである。

もしかしたら、九州出張中はインターネット接続の関係で和歌ログの更新ができないかもしれない。その場合は、帰ってからまとめてアップするのでよろしく。

今朝出がけに、つくばの地からも真っ白に雪に覆われた富士山が見えた。てっきり、かなり冠雪しているのだと思っていたが、新幹線で三島付近を通り過ぎると、この写真の程度の冠雪だった。

まるで別の山じゃないかと思うほどの落差だ。

つくば方面から見えるのは、この写真でいえば右斜め後ろのほうからの姿なのだろうから、そのあたりは、この写真よりは少し下まで雪に覆われているのかもしれない。それでもそんなに極端に違うわけではなかろう。

つくばから見える富士山は、よっぽど上の方のちょっとした部分でしかないのだと、改めて認識した。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 霜月十八日の歌 | トップページ | 霜月二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月十九日の歌:

« 霜月十八日の歌 | トップページ | 霜月二十日の歌 »