« 霜月十九日の歌 | トップページ | 霜月二十一日の歌 »

2008年11月22日

霜月二十日の歌

冬の日の風車を映すこの国の水は繋がる遠き運河に


Wakalog_081120 (二十、二十一日はネット接続困難だったため、二十二日にまとめて更新しています)

長崎に出張である。で、今回の宿泊はハウステンボスの近くの観光ホテル。滅多にない贅沢である。

ところが、ビジネスホテルなら今や常識の、インターネット接続サービスがない。で、E-mobile も圏外で接続できない。というわけで、私はごくフツーのビジネスホテルの方がありがたいなあと思った次第である。

せっかくハウステンボスの近くなので、夜になってから、ほんの二時間程度だが、園内を散策した。大した期待はしていなかったのだが、思いの外、見応えがある。純粋に観光で訪れたいと思ったほどだが、そんな時間が取れるかなあ。

園内は既にクリスマス用の装飾がしてあって、夜景もきれいだった。写真はライトアップされた風車。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 霜月十九日の歌 | トップページ | 霜月二十一日の歌 »

コメント

お久しぶりです。
本当に寄寓でしたね。
こちらでも滅多にお会いすることがないのに、ハウステンボスでばったりお会いしたらお互い最初の言葉は何だろう、、、と考えてますよ。
私たちは21、22日と二泊して23日夜に帰って来ました。

投稿: 風花 | 2008年11月25日 14時32分

風花 さん:

私は 20日の夜に泊まって、21日には出発しましたから、すれ違いですね。

でも、九州でお会いしてみたかったですね。

投稿: tak | 2008年11月25日 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月二十日の歌:

« 霜月十九日の歌 | トップページ | 霜月二十一日の歌 »