« イエスの涙 | トップページ | この国は君の国にして我が国 »

2009年1月23日

ある遺作展

亡き人の絵はことごとく今もなほ生きてゐるなり熱き息して


Wakalog_090123jpg 夜明け前にかなり強い雨が降って、朝になっても分厚い雲が立ちこめていたが、ラジオの天気予報は 「春の陽気になる」 と伝えていた。

本当かなあと思っていたが、十時をすぎると急に雲が切れて眩しい太陽が照り始めた。さすがに、最近の天気予報はその日のうちのことならよく当たる。

そして、「ただし暖かいのは日中だけで、日が暮れると気温は急降下」 という予報も、なんだか当たってしまいそうな雲行きだ。

日が暮れてから、妻と知り合いの画家の遺作展に行ってきた。写真に映っているのは、本邦初公開、私の妻の後ろ姿である。ボケボケなのは決して意識したわけではなく、デジカメのバッテリーが切れて、仕方なくケータイで写したためである。

美術家の遺作展というのは、いつもある時代を強烈に思い出させる。メランコリックだが、実はまだ生きて呼吸しているようなところがある。

We are in at an artist's death
Watching her works still alive
All of them draw deep breath
To let our memories shine and revive

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« イエスの涙 | トップページ | この国は君の国にして我が国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある遺作展:

« イエスの涙 | トップページ | この国は君の国にして我が国 »