« 唯一郎の句 | トップページ | ぺんぺん草咲き始む »

2009年2月 9日

寒い朝

早春の日の射さぬ朝 凍みつきし洗濯物は風になびかず


Wakalog_090209

朝、出がけにベランダを見るとなんだか風が吹いた時の洗濯物の動きが不自然だ。触ってみると見事に凍り付いている。真冬にはそんなことがあっても、立春の後には珍しい。

夜明け頃にはそれほど寒さを感じなかったが、もしかしたら日が昇ってから寒気が入って、しばらくは気温が下がり続けたかもしれない。

分厚い鱗雲の隙間から、弱々しい日が射すだけで、なかなか気温が上がらない。今年は暖冬だったとはいえ、まだまだ本格的な春は遠いということなのだろう。

Early spring morning wind began to stutter
Dark clouds spread and hang down like cocoon
Laundry clothes outside unnaturally flutter
Because got freezed and stiff very soon

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 唯一郎の句 | トップページ | ぺんぺん草咲き始む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い朝:

« 唯一郎の句 | トップページ | ぺんぺん草咲き始む »