« 寒い朝 | トップページ | パンジーの花 »

2009年2月10日

ぺんぺん草咲き始む

道端に白きなづなは咲き初めし実に冬枯れの色残しつつ


Wakalog_090210 JR 常磐線取手駅に向かう道端に、白い小さな花が咲き始めた。それはそれは小さな花である。

これはナズナという花で、春の七草の一つである。別名ぺんぺん草ともいう。つまりここに載せたのは、ぺんぺん草の写真である。

ぺんぺん草という名の由来は、花の下の方につく果実の形が三味線のばちに似ているからとも言われるが、私はずっと、それは果実ではなく葉っぱなのだと思っていた。この年になっても、学ぶことばかりである。

クリックで拡大してみるとわかるが、この写真では実は冬枯れのままである。三味線のばちの形のままで冬枯れている。いや、冬枯れと言っていいのか、もしかしたら熟しているのかもしれない。それとも、そのままドライフルーツになっているのか。

ちなみに、ぺんぺん草のことを英語では shepherd's-purse  (羊飼いの財布) という。もしかしたら、これも実の形から来ているのかもしれないと思い、調べてみたら、こんなページが見つかった。多分間違いないだろう。

Tiny shepherd's-purse in this town
Have just come out along the road
Little fruits are still dried in brown
Enhancing flowers' white in spring mode

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 寒い朝 | トップページ | パンジーの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぺんぺん草咲き始む:

« 寒い朝 | トップページ | パンジーの花 »