« パンジーの花 | トップページ | 春一番とつり雛 »

2009年2月12日

銀杏と蕎麦屋

早春の銀杏無骨に蕎麦たぐる昼時の顔は今日も変はらず


Wakalog_090212 最近、一日おきに寒くなったり暖かくなったりしているが、今日は案の定、昨日とはうって変わって暖かい日になっている。とはいえ、風だけは強いので、それほどぽかぽか陽気というわけではない。

これから日曜日までは暖かさが続くようだが、来週はまた最高気温が一桁台まで下がるという予報が出ている。一日おきが、一週間おきぐらいになるのだろうか。

都心の舗道に植えられたイチョウの木は、まだ全然葉が出ていない。ごつごつした節くれだけが妙に目立つ。

昼飯は、いつもの蕎麦屋。いつもの時間帯に行くと、いつも同じような顔ぶれである。

Almost the same faces at lunch time
In the same soba-shop like a cattle grid
Choose the same menu with the same mime
Outside, ginkgo trees ara ruggedly naked

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« パンジーの花 | トップページ | 春一番とつり雛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏と蕎麦屋:

« パンジーの花 | トップページ | 春一番とつり雛 »