« 通勤電車の止まりし朝 | トップページ | 紅梅一輪咲く »

2009年2月 6日

日の出の位置

有明を射照らし昇る春の日は筑波嶺にまた近づきにけり


Wakalog_090206 近頃日の出が早くなった。

冬至から一月中旬頃までは、夕方の日は延びても、日の出は遅くなり続ける。一月二十六日の和歌日記には、この日の日の出は、一ヶ月以上前の冬至の日より、わずかに二分早くなっただけだと書いている。

しかし、さすがに立春過ぎである。近頃目に見えて夜明けが早くなった。今日の日の出は六時半頃だったが、六時頃から世の中は白々と明るくなり始める。

立春を過ぎてからの日の出はどんどん早くなっていく。来月の春の彼岸には、五時半過ぎに日が昇るようになる。そうなるとありがたいなあ。ベッドから出るのに多大なる決心がいらなくなる。

それに近頃は、太陽の昇る位置が大分左側に移動してきている。東に向かって左側だから、北方向にずれてきているわけだ。我が家から望む印象としては、筑波山の方向に動いている。

北半球の真ん中ぐらいの緯度に位置する我々としては、遠くに行っていた太陽が、だんだん近づいてきてくれているという実感がある。

As the dawn becomes much earlier
The point of sunrise is gradually moving
To the north direction without any barrier
Then, Mount Tsukuba looks dressed in spring

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 通勤電車の止まりし朝 | トップページ | 紅梅一輪咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の出の位置:

« 通勤電車の止まりし朝 | トップページ | 紅梅一輪咲く »