« 久しぶりの快晴 | トップページ | 遅咲きの梅咲く »

2009年3月 6日

日暮れても氷雨止まず

日暮れても氷雨に濡るる窓の内アインシュタイン宿る電車よ


Wakalog_090306 朝に聞いた天気予報では、東京地方は日中は雨で夕方から晴れるとのことだった。一日中気温が上がらず、最高気温が出るのは夕方になってからと言っていたはずだ。

ところが、日が暮れても雨は上がらず、相変わらず寒いまま。近頃本当に、お天気が長続きしない。もう菜種梅雨になってしまったんだろうか。

雨に濡れた電車で帰ってくると、何と取手駅周辺では雨が止んでいて、それほど寒くない。電車に乗っているうちに、関東の空気が入れ替わってしまったようだ。

電車の窓の内に、アインシュタインの相対性理論が強烈に光っている。明日は晴れて気温も上がるという。ところが、明後日の日曜日はまた雨。めまぐるしいことである。

The rain didn't stop before sunset
Drenched train shines along the line
Inside the windows flows like starlet
I see the shadow of Aalbert Einstein

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 久しぶりの快晴 | トップページ | 遅咲きの梅咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日暮れても氷雨止まず:

« 久しぶりの快晴 | トップページ | 遅咲きの梅咲く »