« 昔のリンゴ | トップページ | 三連休終わらむとす »

2009年3月21日

銚子電鉄とぬれ煎餅

銚電の昭和の錆の浮きゐるに平成の客押し込まるなり


Wakalog_090321 今日は所用で潮来から神栖、波崎、銚子まで行った。ちょっとした旅行である。

三連休の中日、天気も上々で、銚子の犬吠埼は観光客で賑わっていた。銚子といえば、近頃有名なのは銚子電鉄、略して 「銚電」 である。

赤字で潰れかけた銚子電鉄を救ったのは、「ぬれ煎餅」 という土産物。濡れ煎餅の売り上げのおかげで、銚子電鉄は倒産の危機を免れ、休日には観光客で賑わうようになった。

たまたま犬吠埼の駅にさしかかると、観光バスから降りた団体客が、ちょうど駅に到着したたった 1両の電車に乗り込むところだった。

電車は古いガタガタの車両で、屋根なんかサビサビである。時ならぬ観光客でラッシュアワー並みのぎゅうぎゅう詰めになって、銚子方面に発っていった。観光バスは銚子駅まで先回りして待つのだろう。

ぬれ煎餅は、なかなかおいしかった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 昔のリンゴ | トップページ | 三連休終わらむとす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄とぬれ煎餅:

« 昔のリンゴ | トップページ | 三連休終わらむとす »