« 遅咲きの梅咲く | トップページ | ひこばえ »

2009年3月 8日

学園都市の道路

日暮れたる学園都市を自動車は時速八十キロで行き過ぐ


Wakalog_090308

日が暮れてからつくばの里に戻ってきた。途中、学園都市に寄って遅い夕食。

つくば学園都市は、つい最近、つくばエクスプレスという鉄道が通って、都心の秋葉原まで 40分で行けるようになったが、それまでは鉄道のない街だった。どこに行くにも車でなければ用の足せない街だったのである。

それだけに、片道三車線の幹線道路が縦横に走っていて、道路はとてもよく整備されている。ある意味、ロサンジェルスのような感覚の車社会の街づくりがなされている。

夜になると車の通りも少なくなり、時々、たいてい時速八十キロ近くの車がひゅんと通りすぎる。アメリカ映画のような感覚の光景に、ラーメン屋だの牛丼屋だのの看板が光っているというのがおもしろい。

Evening of Tsukuba, city of academy
Where automobile is major transportation
Cars come and go just beside me
Over 60 miles per hour in minimum vibration

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 遅咲きの梅咲く | トップページ | ひこばえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学園都市の道路:

« 遅咲きの梅咲く | トップページ | ひこばえ »